マインドパワー・レポート:私のセレモニー

脳神経外科医師の白石俊隆です

===========================

ご訪問ありがとうございます。

エネルギー治療を行える日本で唯一の

脳神経外科医師の白石俊隆です。

脳卒中の後遺症で苦しんでいる方を

ネットビジネスで救済するという 目的を持って、

活動しております。

===========================
症例報告など個人情報が含まれる投稿内容については、ご本人もしくはご家族の承諾を頂いております。
===========================

2014年9月27日

さて、マインドパワーの報告の続きなのですが今日9月27日は、特別な日です。
(日付が変わってしまいましたが)

なので、これまでの報告とは少し違います。今日は、「セレモニー」の日になります。

「セレモニー」とは、「マインドパワー」を野中先生から、いや正確には野中先生を媒介とし

て「天主」からパワーを頂くのです。

今日は、朝7:12のJRに乗りました。夕べは、当直でしたので1時間少々しか眠ることができま

せんでした。しかし、妙に興奮していていつもならば出張で列車にゆられていると5分も経た

ないうちに寝てしまうのですが今日は、後ろに流れて行く景色を眺めていてボーとしながらも

何かの力が作用しているのか目が覚めていました。そうゆうことは、時々有るもので救急の手

術や処置で一睡もしていない時でも、手術のことを思い出したり患者さんの症状がどうなった

だろうかなどと考えていたり、あるいは考えていなくても妙に気分が高まって眠れないときが

有ります。

岡山で「のぞみ」に乗り換えました。

新幹線のなかで野中先生の著書

生きて愛して笑って 野中邦子 (2014)


の読みかけていた続きを読み始めました。
不思議なことに眠くならなかったのです。私は、だ

いたい読むスピードがおそいのでゆっくりと読みながらも、セントマザーに到着するまでにで

きるだけ多くのページを読んでおこうと思いながら読み進めていました。

小倉で「のぞみ」が停車しました。ふと、横を見ると視野が黄色です。

なんで??

なんと、めったにお目にかかれない「ドクターイエロー」がそこにいたのです!

あらまあ、なんと珍しい。

これです!

ちょっと近すぎますかね。でも、そうそう撮影できませんから。

「きっと、なんか幸せな出来事の前触れ」っと思いながら「のぞみ」は小倉をあとにして出発

しました。博多で降りて、「篠栗線」に乗り換えました。

「篠栗線」ーーーー読めませんでした。。。。

「ささぐりせん」です。

はかた

よしづか

ゆす

はるまち

ちょうじゃばる

そしてとうとう

かどまつ(門松)に到着しました。

11:25でした。

「セレモニー」は12:40からです。

急いでタクシーに乗り込みました。

11:45頃にセントマザー・クリニックに到着です。

いよいよ「セレモニー」が始まります。。。。

いよいよ私のセレモニー

<後藤牧子先生と>

セレモニー

福岡の「セレモニー」から帰って来ました。

もったいぶってセレモニーの様子を書いていませんでした。

これから、書きたいと思います。

受付を終わり、会場の自分の席につきました。

一体どれくらいの人数の人がこのパワーを授かりに来るのかと思いを巡らせていました。

この福岡会場で97名でした。

私は、せいぜい2030名くらいかなと思っていましたのでかなり驚きました。

さらに、これまでに「マインドパワー」を取得した先輩たちが、100名以上後方の席に詰め

ています。ものすごい人数です。

少し、この「マインドパワー」のことについて、これまで、私が見学して学んだところを説明

しておきます。

ここの保険外診療として医師である後藤先生のもとで「マインドパワー」をもった創始者の野

中先生が医師と協力して医師から見放された患者さんの施術をされています。

疾患は多岐に渡っており

様々な癌、心疾患、腎疾患、肝臓疾患

脳卒中、脳卒中後遺症、神経変性疾患

眼科疾患、アトピー、厚生労働省が認定している難病

整形外科的疾患、婦人科的疾患、うつ病

。。。。ありとあらゆる疾患のオンパレードです。

一体、病院での治療はどうなっているのか?

医師はきちんと彼らを診察し、治療していないのだろうか?

私は医師ですからその辺りはよくわかるのです。

すなわち、どの領域の疾患であれいわゆる西洋医学、最先端医療といわれるものをもってして

も治療が上手く行かなかったり、治療方法が無かったりするわけでその患者さんをどうするか

というと効果のはっきりしない薬を投与したり治療方法がないと説明しながら経過を診ている

だけだったり。

あるいは、癌の様な予後不良の疾患であれば、余命何年あるいあと何ヶ月と宣告したり要する

に、積極的に病気を好転させるような治療はできていないということになります。

その時に医師が患者さんに発する言葉は

「残念ですが治療法が有りません。」

「治る見込みは無いです。」

「これくらいの症状で済んでいるのだからまだ運が良かったですよ、我慢して下さい。」

私も、こんな内容のお話しを何度となく患者さんにして来ました。

それが、どれだけ患者さんを傷つけてきたか。

このセントマザーにきてよく理解できました。

ここに来ている人たちはもう他に行くべきところが無いのです。

他に頼るよすががありません。

ここでの施術(治療)を受けると見違える様に表情が明るくなって行きます。

明るく笑う人の持っている疾患名を聞いたらびっくりします。

予後の悪いものが本当に多いからです。

しかし、彼らは笑っています。

医師から見離された人々がよくなっている。

それは、心が軽くなったと同時に身体(疾患)もよくなっているのです。

そして、この与えられた「マインドパワー」だけでなく自らもこの「マインドパワー」を持つ

ということがさらに疾患に打ち勝つ効果を加速するということです。

それが、本日の「セレモニー」なのです。。。

ここで、書くのを止めたらひんしゅくを買うでしょうから今日は、すでに午前2時になろうと

してますが頑張ります。

どうしても書きたいから。。。

さて、「セレモニー」会場の自分の席について待っていると司会の方やこれまでにパワーを取

得された方により「セレモニー」の次第を説明して頂きました。

全員の名前が1人ひとり、呼ばれること

呼ばれたら大きな声で「ハイ」と返事をすること

セレモニーの前に、次のことが尋ねられること

「あなたは本気ですか?」

「この力を使える様になったら、生涯使い続けますか?生涯伝え続けますか?」

肝心な、「マインドパワー」の授かり方、姿勢。。。

そして、数名による「ハイ」の練習が行われた後

少し時間があって。。。。

ついに

創始者、野中邦子先生の登場です。

先ほどの説明の通り、進行して行きます。

全員の名前が50音順に一人ひとり呼ばれていきます。私も、頑張って「ハイ!」

全員に向かって、「あなたは本気ですか?」

全員が挙手でその意志を表明します。

「この力を使える様になったら、生涯使い続けますか?生涯伝え続けますか?」

全員が挙手でその意志を表明します。

いよいよ、パワーを授かる時。。。

起立して

両脚を肩幅に開き軽く両目を閉じ

下半身を固定する様に腹に力を入れて上半身は両肩から力を抜きます。

脱力するために両肩をあげてすとんと落す動作を3回程繰り返してから

ゆっくりと両上肢を方の高さまであげて手首を曲げて、掌を前に向かって向けます。

額に気を集中してしばらく待ちます。。。。

野中先生からバワーが送られているようです。

そして、それは無事に、意外にあっさりと終了しました。

野中先生からのおことば。。。

セレモニーでは、全員が必ず自分自身や家族の病気を乗り越え、

人生を好転させて行ける「マインドパワー」を授かること

しかし、持っただけでは何も変わらないこと

マインドパワーが使える様になったならばこのパワーが真実か否か、自分で検証すること

そのために、使い続けること

また、実践すればするほど信じられない様な結果がおきてくること

自らの手で出し得た事実のみをありのままに正しく伝えること

マインドパワーは誰もが使える能力であること

使えば使う程、パワーアップすること

そのために多くの実践を積むこと

これらが重要なことであると述べられました。

ご自身が、小さい頃からいかに病弱で恐怖に怯え、どれほど辛い思いをしてきたかを淡々と

お話しになりました。

その後、ジュースの入った小さな容器が配られ

その2つを混ぜ合わせたあとに均等にもう一度2つに分け

今、授かったパワーで味を変えるというものです。

1つを「甘く」

1つを「すっぱく」

やり方はこうです:

 1つずつパワーを通します。

「天主、お願いします」

「ジュースの味、甘くなれ」

そして、もう1つには

「天主、お願いします」

「ジュースの味、酸っぱくなれ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(注釈)
天主:宇宙の創造主、サムシンググレート。
あるいは、この世界全体を統一支配している力
といっても良いのかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まあ、大の大人が。。。。って思うかもしれませんね。

しかし、野中先生も大まじめですし、これまでの経験で多くの人の病気が改善したり治ったり

している訳ですから頭から否定することはできません。

この後、パワーを持った先輩代表の挨拶。

後藤牧子先生も挨拶されました。

その中で、最近は医師もこの「マインドパワー」に興味を持って見学に来てくれる様になっ

た。

そして、今日も1人の脳神経外科医師(私)がセレモニーを受けていることを話されました。

私の、詳しい話しはされませんでした。通常は、医師がこのようなところに来るのは憚られる

という一般通念からの配慮であることは明らかです。

さて、

ジュースの味比べが行われます。

私は、確信をもっては、その味の変化を感じられませんでした。

その後、「感動発表」とな挙手をしてセレモニーでの感動や感想などを発表して行きました。

私は、この施設の医師である後藤先生や豊田先生との不思議な縁があり、この場にいるという

ことも含めて挙手しました。

「私が、愛媛から来た脳神経外科医師の白石と言います」

司会者から、「あら、カミングアウトしちゃいましたね!」

会場から笑い。。。

「私は、これまで医師として西洋医学的なことばかり学んできました。しかし、ここに来てみ

て不思議なことをたくさん見ました。不思議であろうと、それは事実です。

患者さんは、皆、笑顔で喜んでいます。

皮肉なことにここにいる人たちは、私から、医者から逃げて来た人たちばかりです。

(会場、笑い)

私は今日の、「ジュースの味」は、変えることができませんでしたが、それは私の心に

邪念や迷いがあるからなのでしょう。

(会場、笑い)

私は、これまでの私が学んだ医学を一度リセットしてまずは、『マインドパワー』なるものを

学ぼうと思います。ありがとうございました。」

最後に、もう一度野中先生のお言葉を頂きましたが私のことにも触れていただき最近は医師の

方が何人かこられましたが今日の脳外科医の先生はその医師達とは違うことがあります。

それは、ここに来たことを隠そうとしていないことです。

こう言っていただきました。

野中先生としても喜んで頂けているんだなと思いました。

私も嬉しく思います。

こうして、私のセレモニーは無事終了したのでした。

次回は、またこれまでの見学で私に起こったこと見たことを書いていきます。

まだまだ、たくさん書かなければなららいことがあります。

不思議なことが続くのです。。。。

IMG_7306

本文下:メルマガ誘導など

それではまた、お楽しみに。。。

まだまだ、奇跡をご報告できると思います。

応援クリックの方はたとえこのブログの更新がなくとも 

毎日お願いいたしますね。

//////////////////////////////////////////////////

メルマガ登録はここからどうぞ。
現在、エネルギー治療 を中心とした
スピリチュアル医療について

有意義な情報を整理して発刊準備中です。
がん治療、厚生労働省の難病指定疾患、
などの治療についての情報も提供の
予定です。

まずはご登録お願いいたします。

⇨ メルマガ読者登録 

///////////////////////////////////////////////

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後まで、読んでいただきまして、ありがとうございました。
ご訪問、ありがとうございました。

下のボタンよろしく。

お役に立てましたら、
下の2つのボタンをポチっとお願い申し上げます。
ブログランキング応援よろしくお願いいたします。

⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ 押してね!


病院・診療所 ブログランキングへ

⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ 押してね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

??????????????????????????????????????????? 
このパワーを必要とし興味を持たれた方
そして
ご質問はここからどうぞ。 
マインドパワーや脳神経外科疾患についてなど 
何でも遠慮なく。 

お問い合わせ 

?????????????????????????????????????????? 

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH
私のホームページのご紹介です。
脳神経外科疾患についての啓発サイトがメイン
マインドパワーネットビジネスなどについても
リンクしてあります

⇨ OH脳神経外科学校

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH

シェアする

フォローする