エネルギー治療で治癒した耳鳴り

脳神経外科医師の白石俊隆です

===========================

ご訪問ありがとうございます。

エネルギー治療を行える日本で唯一の

脳神経外科医師の白石俊隆です。

脳卒中の後遺症で苦しんでいる方を

ネットビジネスで救済するという 目的を持って、

活動しております。

===========================
症例報告など個人情報が含まれる投稿内容については、ご本人もしくはご家族の承諾を頂いております。
===========================

痛みに対するエネルギー治療は、比較的簡単です。

つまり、痛みはエネルギー治療に反応しやすく治しやすいということです。
これまでの記事も痛みに対してエネルギー治療を実施した症例が多いと思います。
もちろん、痛みの発症部位、種類、持続時間、などバリエーションはありますがいずれの場合も、劇的に効果を見せることがしばしばです。

それに対して、痛み以外の症状、例えば、”痺れた感じ” ”熱い感じ” ”冷たい感じ” とかの痛み以外の知覚に関わるもの、特殊知覚と言われる”聴覚” ”視覚” ”嗅覚” ”味覚”に関わるもの、さらに ”運動麻痺” となるともっと治しにくいのです。

また、大きさをもったものを変化させること、すなわち良性であれ悪性であれ腫瘍のサイズを小さくするようなことも時間がかかることになります。

しかしながら、これらの症状についても特にそれが慢性的な変化であればあるほどエネルギー治療の効果があるのです。ただし、同じ症状、同じ疾患であっても個人差(それは、その人の心の持ちようや性格、魂のレベルなどによる)があることも間違いありません。

急性の変化に対しては、西洋医学的なアプローチの方が迅速に効果を出すと言えるでしょう。例えば、ナイフで切った創を外科的に縫合したりする場合はそれに該当します。しかし、この創の治癒機転を早めたり、創の腫れを抑えたり、止血を早くしたりすることはエネルギー治療でも十分に対応できるのです。

さて、今回は”聴覚”に関連する症状になります。

耳鳴(じめい)/耳鳴り(みみなり)/Tinnitus

医学用語では、耳鳴(じめい)と言うことが多いかもしれません。

症例:77歳、男性

主訴:右耳鳴

現病歴:4年ほど前に、某大学の耳鼻科で右耳の鼓膜形成術を実施した。それ以降、術前にはなかった耳鳴が右耳におこるようになった。その音は、ブーン、ブーンと言うような唸るような音で、ずっと持続している。そのため頭も重たく感じて実に不快に感じる。現在も某大学耳鼻科に定期的に受診しているそうであるが、画像検査をしても耳鼻科的には、手術は完璧であるし問題は無いと言われるため、本人としてはもう耳鼻科に行っても意味がないと思われている。その治りに、私のエネルギー治療のことを口コミで聞かれて、なんとかならないものかと受診された。

既往歴:特記事項なし

そこで、どのくらい効果が出るのかは未知数でしたが、西洋医学的にはもう為す術もないようですし、第一に患者さんが困っているのを見過ごすことはできませんでした。
それから、おおよそ週に1回のペースでエネルギー治療を実施しました。数ヶ月間は全くと言っていいくらい右耳鳴はよくなりませんでした。本人にも、ポジティブな考えをするように指導したり、瞑想療法も加えてみたりしながら、ひたすら私はエネルギーを送り続けました。

すると、治療を開始して10ヶ月経ったある日、エネルギー治療が終わった時に、その患者さんが言いました。

「先生、今日は耳鳴りが半分くらいになりました!」

『そうですか。それは良かったですね。もう少し続けると消えるかもしれませんね。』

果たして、その次の2週間目に、30%くらいになり、さらに1週間後に20%になり

その1週間後に、

「先生! とうとう耳鳴りがしなくなりましたよ!」

と言われたのです。

『もうしばらくは、元に戻るかもしれませんので、治療を継続しましょう。』

と言うことでまた、1週間に1度の割合でエネルギー治療を継続しました。

その後は、耳鳴がすることは全くなくなりましたが、患者さんはまだ不安があるので、現在も

2週間に1回とか月に1回とかの頻度で通院はして来られますが、耳鳴が止まったおかげか頭

が重いのもすっかりよくなっておられるようです。患者さんは、大変喜ばれております。

そりゃそうです。大学病院の耳鼻科でも治らなかった耳鳴が綺麗になおったのですから。

グランドゴルフの腕前はかなりのその患者さん、耳鳴が止まってからはその成績はさらによく

なっているようです。

次は、まだ耳鳴は治っていないのですが、大変興味深い症例です。

症例:75歳、女性

主訴:左耳鳴

現病歴:2年ほど前から私のエネルギー治療を受けておられる方です。私のところに来られた時には、左耳鳴と頭が重い感じが30年も前から続いているとのことでした。この患者さんも鼓膜形成術を受けておられましたが、聴力もかなり落ちておられます。耳鳴があるためにさらに聞こえが悪いのだそうです。耳鳴りは、キーンと聞こえたり、シャーと聞こえたりするそうです。
某院の外来で、ATP、メチコバール、メリスロンさらに、アリセプトまで処方されていたので、私は本人と相談の上全ての薬を中止しました。そして、患者さんの希望通り、私のエネルギー治療を開始したのです。それから、2年ほど経っているのですが、患者さんは実に根気よく通院して来られます。おおよそ週に1回のペースでエネルギー治療を受けに来られています。

彼女は言います。

「なかなか治りませんが、でも、西洋医学的にはなすすべがないので頑張って、先生の治療を受けに来ますよ。」

そんなある日のこと、いつものようにエネルギー治療をしていた途中で、彼女が大きな声でこう言ったのです。

「先生!耳鳴りが止まった!音がよく聞こえます。」

『あら〜!良かったですね。このままずっと止まってると良いですね。』

そう言って、その日の治療を終えたのですが、1週間後に来られた時には残念ながら元のように耳鳴が起こっていたのです。

しかし、治療を開始して間も無く

「先生!また、耳鳴りが消えたよ!」

『不思議ですね。でも、治療のたびに消えるようなことは今まではなかったのですからこれを繰り返しながら、耳鳴りが消えている時間が延びていくと良いですね。』

そう言って、この患者さんは、今も私のエネルギー治療を受けに来られています。

私は、そのうち耳鳴は消えると思っております。

私のマインドパワーのエネルギーは、日を追うごとに強力になっているようです。

本日は、”聴覚” に関する不思議なお話でした。

本文下:メルマガ誘導など

それではまた、お楽しみに。。。

まだまだ、奇跡をご報告できると思います。

応援クリックの方はたとえこのブログの更新がなくとも 

毎日お願いいたしますね。

//////////////////////////////////////////////////

メルマガ登録はここからどうぞ。
現在、エネルギー治療 を中心とした
スピリチュアル医療について

有意義な情報を整理して発刊準備中です。
がん治療、厚生労働省の難病指定疾患、
などの治療についての情報も提供の
予定です。

まずはご登録お願いいたします。

⇨ メルマガ読者登録 

///////////////////////////////////////////////

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後まで、読んでいただきまして、ありがとうございました。
ご訪問、ありがとうございました。

下のボタンよろしく。

お役に立てましたら、
下の2つのボタンをポチっとお願い申し上げます。
ブログランキング応援よろしくお願いいたします。

⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ 押してね!


病院・診療所 ブログランキングへ

⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ 押してね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

??????????????????????????????????????????? 
このパワーを必要とし興味を持たれた方
そして
ご質問はここからどうぞ。 
マインドパワーや脳神経外科疾患についてなど 
何でも遠慮なく。 

お問い合わせ 

?????????????????????????????????????????? 

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH
私のホームページのご紹介です。
脳神経外科疾患についての啓発サイトがメイン
マインドパワーネットビジネスなどについても
リンクしてあります

⇨ OH脳神経外科学校

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH

シェアする

フォローする