重度の統合失調症と強迫神経症のYさんが起こした奇跡

脳神経外科医師の白石俊隆です

===========================

ご訪問ありがとうございます。

エネルギー治療を行える日本で唯一の

脳神経外科医師の白石俊隆です。

脳卒中の後遺症で苦しんでいる方を

ネットビジネスで救済するという 目的を持って、

活動しております。

===========================
症例報告など個人情報が含まれる投稿内容については、ご本人もしくはご家族の承諾を頂いております。
===========================

以下のようなメッセージを19歳の女性Yさんのお父さんとYさんご本人からいただきました。

この寄稿文は、2016年のある日行われた”演芸会”での発表に感動して、私がYさんとそのお父

さんに是非にとお願いして書いていただいたものです。

”演芸会”とは、病気を克服するためにマインドパワーを持たれた会員さん達で、企画・発表さ

れるもので、踊りや歌、劇が披露されます。私は、その時に審査員の一人として参加させてい

ただきました。とても、重症の疾患を持たれた人たちとは思えない素晴らしい発表です。

この”演芸会”を企画・参加していく中で、自分たちの病気を忘れ、克服していくことができて

いるのだと強く感動いたしました。

私は、審査員としてこのYさんのグループに、特別賞である『白石賞』をつけました。そして

このような”演芸会”を西洋医学一辺倒の医師達にも見せてやりたい、そして医師こそ”覚醒”す

べきであると総評を述べました。

%e5%85%a8%e4%bd%93%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e5%be%8c%ef%bc%89

%e5%af%a9%e6%9f%bb%e5%93%a1%e5%b8%ad%ef%bc%88%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e5%be%8c%ef%bc%89

お父さんからのメッセージ

前略、白石先生 

過日、”演芸会”では本当にありがとうございました。

広島、島根が白石賞をいただけたこと今でも本当にうれしく思っております。

メールが遅くなってしまい誠に申し訳ありませんでした。

 

脳外科医である白石先生がパワーで治療されていることを思うと

とてもうれしくなり本当に励まされる思いになります。

本当にありがとうございます。

 

白石先生もご存知のようにこのパワーは、本当に信じられないほどのすごいパワーです。

私たち家族は本当に奇跡をいただき、幸せをいただいております。

 

一昨年、6月に私の子どもYは、統合失調症と重度の強迫神経症の診断を受けどこまでも苦し

んでいました。

 

Yが言っていたことですが、ずっと何台ものカメラにとり囲まれていて常に監視され、

自分の言葉は、自分の話したい言葉ではなく、そのカメラから見て考えたことを

話さなければならないという非常に複雑な、私の想像もつかないような

会話をしなければならない非常に苦しい生活が、小学校5年生くらいから続いてきたというこ

とでした。

 

その苦しみと辛さ,しんどさの中で恐ろしい強迫にさらに苦しんでいました。

その強迫神経症の症状は、例えば・・・

(今のタイミングで隣の部屋に行ったら、神様に罰があたえられると

根拠なく思ってしまうから動けなくなっていました。)

(やっとの思いで買い物に私といっしょに車で行くことができたと思い、

セブンイレブンに着くと、やっぱり怖くなり今はファミリーマートに行かなければならないと

Yは言って、ファミリーマートに向かい、そしてファミリーマートに着くと、

やっぱりローソンでなければならないと言って・・・着くと、

やっぱりセブンイレブン、いやファミリーマート・・・いや、セブンイレブン・・・

わーわーと叫び・・・止まらなくなりました。)

 

強迫は日に日にひどくなり、同じことを何回も言わなければ

怖くなったり、ちょっと間違えて言うと最初から言い直さなければ

怖いことが起きると強迫に追い込まれ、10回も20回も同じことを言っていました。

うまく言えても、私の聞く態度(目線がずれた等)が悪かったり、

時計のボーンという音がしたら、はじめから言い直さなければならない

となってしまったり、私が「だいじょうぶだよ。」と言う事で

「せっかく、今うまく言えてたのに!」「なんで、途中で言うのか!」と、

ひどく怒鳴っていました。

 

ずっと自分を殴り続け,ずっと叫び続け、部屋中を駆け回り壁に激突し、

何度も頭を壁にぶつけ・・・止まらないで、とても苦しんでいました。

私は職場から介護休暇をもらい、毎日、5時間も6時間もずっと続けて

Yの手を持ち続け自分を殴らないように止めていました。

落ち着いたかと思い、ちょっと油断しているとYは、台所へ

走っていき包丁を取り出そうとしていました。

私とYと私の父母と4人で暮らしていますが、

父母からは、Yが叫ぶと近所に聞こえるから車でどこかへ行ってと

言われ、車で行く当てもなく走っていました。

 

その後、Yは私を殴り、蹴りだしてひどくなり止められなくなってしまいました。

夜はほとんで眠れず、1時間眠れるかどうかで、ぱっと起きたかと思うと、

私を殴り倒しました。

私の両腕や足等、青地のあざだらけになってしまいました。

 

Yを精神科の病院へ何軒も連れて行き、横浜の病院まで連れて行って入院もし、

お医者様にこれ以上は出せませんとまで言われたほどの大量の薬、

抗精神病薬(ロナセン、リスパダール、ジプレキサ、エビリファイ等)

抗不安薬(ランドセン),強迫神経症(うつ病)の薬(SSRI)をのみ、睡眠薬をのみ続けました。

そして分子栄養学療法(オーソモレキュラー療法)で大量のナイヤシンやたくさんのビタミン

類、ヘム鉄、カルシウム、マグネシウム・・・等のサプリメントの投与。

点滴による高濃度ビタミンCの投与。

さらには、除霊等、いろいろなことを試みました。

しかし、何も変わらず、よりひどくなり、苦しみ続けました。

 

親子ともども自殺はしないと決めていたにも関わらず、もうだめだ・・と思っていたときに、

今から18年以上前にこの世を離れた私の妻の姉から、このハンドヒーリングを勧められ、

一昨年10月25日、藁をも掴む思いでパワーを親子でいただきました。

そして、親子共々ハンドヒーリングができるようになり、

今では私の父母もハンドヒーリングができるようになっています。

 

 先月、Yははじめて叔母(私の姉)さんを覚醒すること(パワーを持っていただくこと)ができ

ました。正に奇跡です!

私がパワーを取らせようと姉の婿、義理の兄さんとケンカになってしまい

断絶状態が半年以上続いていたところ、Yがつないでくれました。

Yが叔母さんの家に行ってパワーをかけてくれたのです。本当に奇跡です。

そして、姉夫婦は体験をしてパワーのすごさを実感し、パワーを持つ決心をしたのです。

 

パワーを持つちょっと前から、

Yは野中先生にたくさんの愛のメッセージをいただきながら施療を月に1回受けました。

そして福山の先生の施療を週1回受け、

私が毎日15分パワーを送り、3ヶ月ほどたって、

本当に明るく元気になり、薬もほとんど飲まなくなりました。

 

今では一時全くできなくなってしまっていた、作詞作曲をし、小説や詩を書き、

野中先生に「夢に向かってどんどん取り組みなさい!」

と言っていただき、前向きに明るく元気に幸せに生きています。

半年間何も出来ずにたまってしまっていた通信制高校のレポートも一ヶ月ほどで

一気に提出してしまい。昨年の4月からはマンガの専門学校にも通い終了証をいただきまし

た。

今年3月には通信制の高校をみごと卒業することができました。

そして、パソコンで音楽を作るDTM教室にも行っています。これは奇跡としか言いようがあり

ません。

本当に良かったです。本当に感動で嬉しいです。本当に感謝です。

 パワーによって本当にYは元気になることができました。

 

4カ月ほど前に待望の1曲目、

「ページ」

という自分の経験をもとに作った自殺防止の歌を、

『悠久浄音(ゆうきゅうきよん)』

という名まえでユーチューブにアップしましたので、

もしよろしかったら、ぜひ聞いてやって下さい!

 

野中先生よりYが元気になるまでに私もたくさんの

愛のメッセージをいただきました。

パワーをいただく前に

野中先生は、私に、

「あなたの恐れや不安が全部この子へいっている。」

「長年この子はあなたの恐れや不安を受け続けた。」

と言われ、Yの病気を治すために、私の在り方について大事なアドバイスをくださいました。

そして野中先生は私を治療しながら、

「あ、でも、がんばってるね!」と手から感じられた言葉を言って下さりました。

「いえ、ぜんぜんがんばってません。」と言うと、

「いや、そんなことない。とってもがんばってるよ。」

と励ましの言葉を下さりました。

 

それから野中先生の元へ行く度に、先生は大事なお言葉を下さりました。

 

それは、なぜパワーを人のために使って伝えることが大切なのか(覚醒の浄化)。

 

パワーを使って伝えるときに駆け引きをしてはいけないこと等です。

・・・私(父)は、相手のことを思って使って伝えるのではなく、

Yの病気が治るためには、この人にパワーをもたせなければならないと

思ってしまっていました。だから、「もしパワーをもってくれなかったらどうしよう」という

不安がよぎり、相手のためだけにという無償の愛ではなく、

さわやかにすっきりと伝えることができていませんでした。

こういったらだめなんじゃないか、ああいったらだめなんじゃないかという感じでした。

さらに、「おかしいいんじゃない」と変に思われたらどうしようとか、嫌われたらどうしよう

とか思い、

よけいに言葉があやふやで、しどろもどろで、感動感謝の伝え方になっていませんでた・・・

野中先生に言われてそのことにやっと気づくことができました。

 

野中先生は、私の生き方や考え方を大きくかえて下さりました。

パワーの治療と私が生き方や考え方を大きく変えることで、

Yへの私の接し方が変わることによっても、

Yの病気が治ることに大きくつながったのだと思います。

 

そして、駆け引きをしないでの覚醒の浄化が、本当に大きくYを元気にして下さったのだと思

います。

本当に家族みんなで幸せです。

 

天主、野中先生の無償の愛がどこまでも深く広大であり、本当に感謝しております。

 

白石先生をはじめ、パワーを勧めてくださった義理の姉、そしてパワーの皆さまに本当に感謝

いたします。

Yさんご本人からのメッセージ

◯月にお話をいただいていたのに、ずっとメールを送ることができず、本当に申し訳ありませんでした。演芸会で歌を歌わせていただいたNYです。

 演芸会が終わった後、白石先生から、「あなたの統合失調症と強迫神経症が治るまでの話を、メールに書いて送って欲しい」とおっしゃっていただき、本当に嬉しかったのですが、なかなか取り掛かることができませんでした。お引き受けさせていただいたのに、大変申し訳ありませんでした。

 一生懸命書かせていただきましたので、お読みいただけたら幸いです。読んでいただき、よろしかったらブログに載せていただけたら、嬉しく思います。

私は、重度の統合失調症と強迫神経症という精神病を持っていました。

生きることも、もはや難しいところまで追い込まれた私ですが、マインドパワーに出会って2

年経った今日、運命が180度方向転換し、もはや、諦めていた夢まで追えるようになってい

ます。今の私の中は、美味しい、楽しい、嬉しい、感動という「幸せ」で満ち溢れています。

きっと、わたしのかつての人生は隅々まで、普通でない「恐怖」、普通でない「怒り」で汚染

されていたかのように思います。

小学校に入った頃から、手洗いが止まらなくなり、例えば足が汚れたと思ったら、水をそこへ

かけたりしていました。潔癖の症状は落ち着く年もありましたが、何年かごとに再発していま

した。

同時、小学校の頃から目立っていたのは、よく怒ることでした。「どうしてそんなことで怒る

の?」と、いろんな人からよく言われていました。怒るべきところはないか常にアンテナを張

り、ほかの人では考えられないところで怒っていたので、学校の嫌われ者になっていました。

そして、みんなからは腫れ物に触るような扱いを受けていました。

他の目立つ症状では、「優柔不断すぎるほど優柔不断」というのがあります。隣の県まで出か

けている途中、「や、やっぱりやめる!あっちへ行きたい!」とわがまましたり、これにする

か、あれにするか何時間も迷っていたりしました。それは、単なるわがままではありませんで

した。私は失敗《他の人からすると失敗とはいえないものが大半です》すると、後悔の度合い

が普通の人の100倍くらいひどかったので、今日の昼食はどうするか、あっちの部屋へいっ

てみるかやめとくか、などありえないほど細かいところまで慎重に考えていました。

家の中では、夜中ずっと喚いて叫んで、父《私の母は私が0歳の時に亡くなりました》も手に

負えない状態でした。

また、自分の頭の中で、思いつきもしないような恐怖を大量生産し、いつも怯えていました。

その頃から自殺願望が強く、いつも「死にたい」とばかり考えていました。

そんな時、母方の叔母が私たちに、「マインドパワーというのがあるよ。」と勧めてくれまし

た。しかし、私は「怪しい」と思って、無視してしまいました。

症状は中学の頃もひどく、高校二年生になると、今度は自傷行為、他傷行為がひどくなりまし

た。自傷行為は小学校の頃からあったのですが、頭突きをしたり、自分の頭を殴ったりするの

が増え、今度は父に殴ったり蹴ったり、暴言を吐いたりするようになりました。止めたくて

も、止めれませんでした。

父は、それでも私を愛し、いたわり、なんとかして私を治そうとしてくれました。

ついた病名は、重度の「強迫神経症」「統合失調症」です。

病院から出される薬は徐々に増えていき、「これ以上出せません」と言われるほど、つまり人

体に与えられる限界といわれるほどの量までもらいました。

副作用にも苦しめられ、アカシジアの症状で歩き回らないといけなくなったり、常に睡魔に襲

われたり、いつも体がだるかったりした記憶ばかりあります。

薬を飲んでも、症状は一向に落ち着く様子を見せませんでした。

そして、大量のサプリメントを飲む治療法をしたり、お寺に通ったり、しまいには、除霊をし

てもらったりしました。

ありとあらゆる手を尽くした私たち親子を見かねて、あの時パワーを伝えてくれた叔母が、

「あの時」から9年経った頃、もう一度、「やってみようよ」とハンドヒーリング《マインド

パワー》を勧めてくれました。藁にもすがる思いで九州へ行った私たち。そこには野中先生と

いう先生がいて、その方から治療を受けました。

その夜、不眠症でもあった私が、久しぶりにぐっすり眠れていたと、父は言います。

迷わず、二人でセレモニーに行き、パワーをいただきました。

その後、一度入院をし、退院した後、野中先生は私に「もうここまで落ちることはないよ。

『波《症状がひどくなったり落ち着いたり》』はあるけど、その『波』は、治る方向に登って

いっているからね。」と私に言ってくださいました。

私はその言葉を信じました。

それから私は、野中先生にアドバイスをいただきながら、毎月本部施療に通い、毎週地域の施

を受け、毎日父に15分パワーをかけてもらいました。

すると、私自身でわかるくらい、月ごとに症状が軽くなっていっていったのです。先月よりこ

の恐怖がなくなった、自分を殴る回数が減ったなど・・。落ち込んだり元気になったり、

「波」を描いてはいるもののペースを緩めず、どんどん元気になっていきました。

本当に元気になっていきました。薬もどんどん減っていきました。

人前で話ができるようになったり、怒らなくなったり、今となってはかつての苦しいエピソー

ドが、本当に自分の同じ人生にあるのだろうかと疑うくらいになりました。薬は薄くてすぐ溶

ける小さなもの、1日1錠になりました。またパワーで副作用もとることができました。

さらに、演芸会という、歌やダンス、劇を発表する会で、私が作詞、作編曲した歌を、私のチ

ームで採用していただくことができ、本当にうれしかったです。元気にならないと、そんなこ

とは絶対にできません。

昨今は「波」が浅くなっていることに、最高の感動と感謝をしています。

野中先生は、完治には5年ほどかかるとおっしゃいます。

でも、本来なら不治の病なのに「完治」という言葉と縁があること自体に感動感謝していま

す。怒らない幸せ、恐怖のない幸せ、夢を実現するために頑張っていけること、生かされてい

kkること・・。嬉しくてたまりません。

天主、野中先生、お父さん、皆さん、本当にありがとうございます。

どんな重症の疾患でも医師のなすべきことは必ずある!

我々、医師のすべきことは、唯一患者さんを病から救い出すことにある。

決して、患者さんを失望させたり生きる勇気を奪うことが目的ではないはずである。

にもかかわらず、いかに日常の診療の中で”ネガティブワード”を患者さんに浴びせかけている

かを思い知るべきである。

そして、その患者さんにつけられた疾患名について、テキストや学会・論文などで、どれほど

予後が悪く言われていようともそれは、その疾患についてのものであって、目の前にいるあな

たの患者さんのことではないのである。

あなたの目の前にいる患者さんは、どんなに予後が悪いと西洋医学的に述べられていようとも

目の前の患者さんは、未知なる可能性を秘めているかもしれない。

あなたは医師として、神のごとく全てを知り尽くしているはずはないのである。

どうして、目の前の患者さんを”不治の病”であると断定できようか。

あなたは医師としてその”人”を癒す義務がある。

疾患を完全に消すことができなくてもいい、ただ癒すことに命をかけるべきなのである。

同様の悩みを持たれてお困りの方、このYさんやお父様にご質問のある方は、どうぞ私にコメントをお寄せください。何らかのお役に立てることと存じます。
下のコメント欄からどうぞ!

本文下:メルマガ誘導など

それではまた、お楽しみに。。。

まだまだ、奇跡をご報告できると思います。

応援クリックの方はたとえこのブログの更新がなくとも 

毎日お願いいたしますね。

//////////////////////////////////////////////////

メルマガ登録はここからどうぞ。
現在、エネルギー治療 を中心とした
スピリチュアル医療について

有意義な情報を整理して発刊準備中です。
がん治療、厚生労働省の難病指定疾患、
などの治療についての情報も提供の
予定です。

まずはご登録お願いいたします。

⇨ メルマガ読者登録 

///////////////////////////////////////////////

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後まで、読んでいただきまして、ありがとうございました。
ご訪問、ありがとうございました。

下のボタンよろしく。

お役に立てましたら、
下の2つのボタンをポチっとお願い申し上げます。
ブログランキング応援よろしくお願いいたします。

⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ 押してね!


病院・診療所 ブログランキングへ

⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ 押してね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

??????????????????????????????????????????? 
このパワーを必要とし興味を持たれた方
そして
ご質問はここからどうぞ。 
マインドパワーや脳神経外科疾患についてなど 
何でも遠慮なく。 

お問い合わせ 

?????????????????????????????????????????? 

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH
私のホームページのご紹介です。
脳神経外科疾患についての啓発サイトがメイン
マインドパワーネットビジネスなどについても
リンクしてあります

⇨ OH脳神経外科学校

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH

シェアする

フォローする