病気は天のお告げ

脳神経外科医師の白石俊隆です

==================

ご訪問ありがとうございます。

生体エネルギー療法と催眠療法を行える日本では貴重な

脳神経外科医師の白石俊隆です。

==================
症例報告など個人情報が含まれる投稿内容については、ご本人もしくはご家族の承諾を頂いております。
また、治療の効果につきましては個人差があり一様ではありませんのでその点はご理解いただきますようお願いいたします。

==================

漢方の勉強会

今日は、漢方の勉強会に参加してきました。

帝京大学医学部 外科学の新見正則先生のご講演を拝聴してきました。

漢方勉強会1

漢方は「placebo(偽薬)」くらいのつもりで使うと気が楽でいいとか、西洋医学がベースで

あるが漢方も使えると臨床医としての幅が広がるとかおっしゃっていましたが一番興味深かっ

たのは、彼も昔は「漢方なんか大嫌い」だったそうです。

そして、エビデンスなんて不要、サイエンスなんてなくていいだって、placeboだから。

そして、人は自然に治る力を持っている、こころの問題で病気になる、西洋薬の副作用で不調

になる、ともおっしゃられていました。

マインドパワーのような「見えないエネルギー」も全く同じだなあと思いました。

でも、先生は、基本は「西洋医療」であるとはっきりと言われました。

私は、ちょっと違うような気もしました。。。この勉強会のあと私は、ジムトレーニングに行

って体を鍛えて自然治癒力を高めてきました。

<スキーもしたい!>

スキー2

病気は天のお告げ

先日、漢方の勉強会に行った時に漢方は全てがエビエンスがあるわけではないがとにかく患者

さんの症状がよくなれば良いのです、ということを言われていました。

それには、賛成ですが医療のベースは、西洋医学があるべきだと言われていたのにはちょっと

ねえ。。。とお話ししました。

私は、西洋医学をベースに置かなくても良いと最近は強く思います。

患者さんの症状がよくなれば良いのであれば西洋医学であろうと東洋医学であろうと見えない

エネルギー医療であろうと全てが同列に置かれてしかるべきだと思います。

一番のベースは、「魂」で、次に「精神」で最後が「身体」だと思うようになりました。

魂と精神は同じように感じるかもしれませんが、魂がその人の考えかたや精神活動を産むとい

いますか、輪廻していくものといいますか、その個人に宿っているものです。

最近、土橋重隆 医学博士の「ガンをつくる心治す心」という本を読みました。

病気が発生するには意味があってガンですら心、精神的なものが原因であるとおっしゃってい

ます。

blog_import_5703e2b47334c

ご相談は、私のクリニックまで

ご相談は、私のクリニックまで。。。

愛せる母・スピリチュアルクリニック
https://clinic.icerbo.com/

本文下:メルマガ誘導など

//////////////////////////////////////////////////

メルマガ登録はここからどうぞ。
現在、エネルギー治療 を中心とした
スピリチュアル医療について

有意義な情報を整理して発刊準備中です。
がん治療、厚生労働省の難病指定疾患、
などの治療についての情報も提供の
予定です。

まずはご登録お願いいたします。

⇨ メルマガ読者登録 

///////////////////////////////////////////////

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH
私のホームページのご紹介です。
脳神経外科疾患についての啓発サイトがメイン
エネルギー治療・ネットビジネスなどについても
リンクしてあります

⇨ OH脳神経外科学校

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH

お問合せ
???????????????????????????????????????????
エネルギー治療を必要とし興味を持たれた方
そしてご質問はここからどうぞ。
エネルギー治療や脳神経外科疾患についてなど 何でも遠慮なく。
<お問合せ>

???????????????????????????????????????????

フォローする