エネルギー治療の副次効果:診察心得

脳神経外科医師の白石俊隆です

==================

ご訪問ありがとうございます。

生体エネルギー療法と催眠療法を行える日本では貴重な

脳神経外科医師の白石俊隆です。

==================
症例報告など個人情報が含まれる投稿内容については、ご本人もしくはご家族の承諾を頂いております。
また、治療の効果につきましては個人差があり一様ではありませんのでその点はご理解いただきますようお願いいたします。

==================

「エネルギー治療」に出会ってから、日々の外来診察における患者さんとの会話に変化があります。これまでも患者さんの生活背景にも気を配って診察して来ましたが、いっそうそれを意識する様になりました。

さらに、一番気をつけているのは、『これ以上治らない』とか『どうしようもない』とか言わない。そして、患者さんと御家族の言動に細部にわたって気を配る様になりました。

これまでにも、診察中に患者さんや御家族を泣かせることがありました。
それは、患者さんや御家族に共感した瞬間に生じます。

たまに、私も泣きますけど。。。最近は、その頻度が増えました。

同時に、患者さんに遠慮しなくなりました。そして、患者さん側にも遠慮させないように努力してます。絶対に患者さんや家族に向かって、上から目線でしゃべらない。それは、医師であることをあるときは捨てる。しかし、医師でなければ言えないことはきちんと言う。

駆け引きが、絶対に必要。
特に、新患さんで初対面ならなおさら。

それと、患者さんに不利になるようなことをしている医師の話しを患者さんや家族から聞いた時には、その医師が悪いとはっきり言ってあげる。
私は、基本的に「医師」が嫌いです。

いわゆる個人的な利益を追求するために開業した「医師」のことです。
薬と検査で金を稼ぐことしかできないようにしたのは日本国政府かもしれない。
日本の医師の技術料は安すぎる。
手術料も安すぎる。
診察する能力は評価されていない。
こんな保険診療制度では、まともな医療ができないと私は思う。

患者さんも既に期待していない。
薬を使わない
不要な検査をしない
それでもきちんとした医療が提供できる為には、それに対する正当な報酬を払うことが必要。

そして、それは患者さん側も納得して支払える内容の充実した医療でなければならない。
その為には、もっと多くを学び常に患者さんのためになる医療を追求する必要がある。

私は、そういう医療を実践して行きたい。

夕焼け2

ご相談は、私のクリニックまで

ご相談は、私のクリニックまで。。。

愛せる母・スピリチュアルクリニック
https://clinic.icerbo.com/

本文下:メルマガ誘導など

//////////////////////////////////////////////////

メルマガ登録はここからどうぞ。
現在、エネルギー治療 を中心とした
スピリチュアル医療について

有意義な情報を整理して発刊準備中です。
がん治療、厚生労働省の難病指定疾患、
などの治療についての情報も提供の
予定です。

まずはご登録お願いいたします。

⇨ メルマガ読者登録 

///////////////////////////////////////////////

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH
私のホームページのご紹介です。
脳神経外科疾患についての啓発サイトがメイン
エネルギー治療・ネットビジネスなどについても
リンクしてあります

⇨ OH脳神経外科学校

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH

お問合せ
???????????????????????????????????????????
エネルギー治療を必要とし興味を持たれた方
そしてご質問はここからどうぞ。
エネルギー治療や脳神経外科疾患についてなど 何でも遠慮なく。
<お問合せ>

???????????????????????????????????????????

フォローする