魂の法則:別れ

脳神経外科医師の白石俊隆です

==================

ご訪問ありがとうございます。

生体エネルギー療法と催眠療法を行える日本では貴重な

脳神経外科医師の白石俊隆です。

==================
症例報告など個人情報が含まれる投稿内容については、ご本人もしくはご家族の承諾を頂いております。
また、治療の効果につきましては個人差があり一様ではありませんのでその点はご理解いただきますようお願いいたします。

==================

いよいよ、「魂の法則」も終わりの章になりました。
どうぞ、お楽しみください。
そして、この章の後に、「作者のあとがき」があります。
全てご覧ください。必ず、お役に立つと思います。

この本は、ここをクリックするか上の画像をクリックすると購入できます。

 

「今日は君をびっくりさせてあげよう」と、イザヤはある日、僕を見 るなり言った。

「へぇ、何でしょうか?」

「今まで君がここにやって来た時は、いつも私しかいなかったね。 我々は、そのほうが、君がもっと気楽に質問をし易いと思って、そうし ていたのだ。だが、ここが、誰も住んでいない孤独な場所だとは思って 欲しくない。君はもう、私を信頼してくれているし、この世界にも馴染 めたので、他の者を紹介してもいい頃だと思うのだ。ついておいで。皆 に紹介して、君に会いたがっていた友人と少し話をしよう」

そしてどうやったのか分からないが、僕たちは、その景色の上を飛び 始めた。

上空から、その素晴らしい景色を眺めることができた。

緑の美しい谷に点在した、半球体の小さな建物が見えた。何だろうと 質問しようとして口を開く前に、イザヤが「我々の家だよ」と答えた。

集落の中心には、ガラス張りに見えるもっと大きなピラミッド型の建 物があって、そこから輝くばかりの白い光が出ていた。「あそこが、瞑 想をするために集まる場所だ。我々は、霊的な教えを授かるために高次 の惑星とテレパシーで通信し、後進の惑星とも、全人類に愛の教えを伝 えるために交信するのだ」と、イザヤが言った。

そして、その内部に入ると、完全に透明な壁を通して、中の様子を見 ることができた。壇上に、輪を描いて座っている三十人ぐらいの人がい て、とても集中しているのが見えた。その瞑想では、各人がそれぞれの 役割を担っているようだった。そのうちに、輪の真ん中に、二人の人の 姿が形を現し始めた。一人は男性で、もう一人は女性だったが、非常に 美しく、大変穏やかで心地の良い光のオーラに包まれていた。

二人は、そこにいる人たちと熱のこもった挨拶をし、何らかの言葉を 交わした後、僕たちに近づいて来た。以前、イザヤのまなざしは透き通 り、深い平和と愛の感覚を伝えてくれると言ったが、この二人のまなざ しはそれ以上に深く、天使のように思えた。

「こんにちは。私はベスタよ」と、女性の方が言った。

「やあ、僕はジュノーだよ」、男性が言った。「もう一度君に会いた いと思っていたんだよ」

「もう一度だって? 二人のことなど知らないのに。前に会ったことが あったとしたら、忘れる筈がないし」と、僕は思った。

ベスタ: 覚えてなくても、知らない訳じゃないのよ。

イザヤ: イエスのことが知りたかったんだろ? 二人は、イエスを良く 知っているんだよ。知りたいことを聞いてごらん。二人は、私たちとは 長くいられないだろうから、時間を無駄にしないことだ。

イザヤ: 何も聞かないのかね? 恥ずかしがらないことだ。友達ではな いか。

ベスタ: 思い切って質問ができないのなら、私が手伝ってあげるわ。イ エスに、性関係も含めた全てを分かち合える女性の伴侶、つまり双子の 魂がいたのか、を知りたいのよね。

なぜ分かったのですか? と、僕は顔を赤らめながら答えた。

イザヤ: この期に及んでも、我々が思考を読めることに気づけないのか ね。だが、心配するに及ばん。誰にも言わんからね、はっはっは。

ベスタ: 私が答えてあげるわ。質問の答えは、はい、よ。イエスには、 性も含めて全ての愛を共有できる女性がいたし、もちろん今でも、その 完全に似通った相手がいるのよ。それにそれは、イエスだけではないわ。 彼と同じか、それ以上のレベルの人間だけが住む世界も存在していて、 そこでもパートナーや子ども、そして性関係があるのよ。これが、霊的 に進歩すると異性愛を放棄することになるのか、というあなたの質問へ の回答になったかしら?

はい、とてもはっきりしました。

ジュノー: イエスが地上で、人生を共にする相手と巡り会えなかったと したら、それは彼の双子の魂が、別の惑星で似たような任務を果たして いたから、その時期に一緒にいられなかったからなのだ。でも、その別 離は一時的なものだった。

イエスは、彼より進化が劣った女性とは、一緒になる約束ができなか った。そうしても、その女性には彼の使命が理解できず、執着によって あらゆる手段で彼の任務の妨害をしたであろうし、彼を失うことで非常 に苦しむ結果になったであろうからだ。

だがそれでも、彼が相手を探そうとしなかった訳ではない。若い時分 は、まだ自己の使命を良く自覚していなかったので、イエスも大半の人 と同様に、愛せる女性を見つけ、一緒になりたいと願ったことがあった のだ。

イザヤ: もっと質問をするかね、それとも、もう二人に帰ってもらって もいいのかい?

はい、いつも知りたいと思っていたのですが、イエスは、彼の後にで きたキリスト教や教会について、どう思っているのでしょうか。

ジュノー: イエスがここにいたとしたら、次のように言っただろう。

教会や宗教を創る意図など全くなかった。まして、私の名・言葉・行 いを使って創り上げた、私個人への信仰に基づく宗教など、なおのこと だ。

キリスト教は、人間の感情や自由を非常に抑圧しているので、愛の手 本を示すどころか、それと最もかけ離れたものになってしまった。

私を賛美し称賛してくれるように、と教えたことも頼んだことも決し てない。神も、称賛を求めていない。神は、神自身が君たちを愛すよう に、君たちもお互い同士を愛して、幸せになって欲しいだけだ。

私は、単に愛の教えを伝えるためにやって来た。私の生き方でそれを 実践してみせて、君たちがそれを手本にして教えを取り入れて、幸福へ の道を見出せるようにしたのだ。

この愛の教えは、私個人のものではなく、霊的世界のもので、神から 全人類への普遍的な教えだ。それを伝道したのが私であったことは、重 要ではない。愛の叡智のある別の兄弟であったとしても、同じことなの だ。

私の名や神の名において、どれほどの非道・殺人・拷問・辱めが人類 に行われたことだろう! 互いに愛し合いなさい、敵を愛しなさい、と何 百回となく言わなかっただろうか? 私の信奉者だと名乗る者たちは、一 体私のどこに、そのような愛に反する行為の口実を見つけたのだろうか?

愛の教えを世に示すふさわしい者になりたければ、祭壇や十字架や宗 教遺物の前で、ひざまずくのは止めなさい。偶像を崇拝するのも、祈り をくりかえし唱えるのも、無意味な儀式も止めなさい。そのようなこと をしても、愛ではないからだ。見返りを全く期待せず、威張らず、改宗 させようとせず、謙虚に、苦しんでいる同胞に手を差し伸べるのだ。そ うすれば、愛の使徒と呼ばれることだろう。

私が示した愛の教えの手本に従わない者には、誰一人として、私の名 や神の名を語る権利がないし、私や神の信徒であると名乗ることもでき ない。そういうものは、自分のエゴに追随しているだけなのだ。

イエスが再び地上に生まれ変わったとしたら、人類になんと言うでし ょう。

ベスタ: 最後に言ったことと、それ以前にやって来た時に言ったことと 同じように「愛しなさい。お互いに愛し合うのだ。それだけが幸せにな れるのだ。その他のことは、どれも重要ではないのだ」と言うでしょう。

僕の人生でずっと疑問に思っていたことの答えを知る機会が持てて、 とても恵まれていると思います。お陰様で、僕は、心を開いて感情を表 すことができるようになり、自分自身の鎧と抑圧から解放されました。 助けていただいたお礼に、何かしたいのですか。

イザヤ: 何も感謝する必要はないよ。逆に、時間を割いて熱心に話を聞 いてくれた君に、我々が感謝しているよ。愛において成長したいと思っている弟を手助けできたことを、幸せに思うよ。

それでも、お礼に何かしたいのですが。何がいいでしょうか。 ベスタ: 自分に、何がしたいのか聞いてみてごらんなさい。

あなた方から教わったことを他の人にも伝えて、皆で共有する必要が あるように感じているのですが。もしかしたら、僕に役立ったと同じよ うに、皆の役にも立てるのかもしれません。

イザヤ: それなら、君自身が自分の質問に答えているよ。君が知り得た こと、経験したこと、感じたことの全てを集めて、君の兄弟たちに見せ てあげなさい。彼らに、無条件の愛の教えと、霊的世界の真相を教えて あげられるようにするのだ。
 
でも、耳を傾けてくれる人がいると思いますか。

ジュノー: やろうと思うことを心からやってみること自体に、価値があ るのだ。もし百万人に一人、このメッセージに耳を傾けてくれる人がい て、その人が感情を目覚めさせ愛の経験に心を開くことができたのなら、 その価値はあったということなのだ。

霊性に目覚めたいとは思っているのに、まだ眠ったままの人が、この 世には沢山いる。内面で感じていることが、空想の産物ではなく現実な のだよと、同意してあげるだけで充分なのだ。君たちの世界では、霊性 に関する真実と虚偽とがまだ混乱を極めているので、外部の世界には、 その真相がなかなか反映されないからだ。

でも、それをする能力が僕にあるでしょうか。

ベスタ: その能力があるのか、と問うのは止めなさい。全員に愛す力が あるのだから、多くの人にその能力があるわ。

だけど、自分の日常生活での支障をいとわず、気楽さを放棄してまで そうしようと思う人は僅かよ。自分自身に、やりたいのか、やりたくな いのかを聞いたほうがいいわ。したいと思うこと自体、すごい力なのよ。 あなたにできないことは、私たちが手伝ってあげるわ。いつも、あなた と一緒にいるわ。

メッセージの内容で、不快になって、僕に仕返しをしようと思うよう な人はいないでしょうか。

イザヤ: それは冒さなければならないリスクだ。誰も簡単だとは言って いない。皆が自分自身で覚醒できるなら、誰もこんな仕事をしなくても いいだろう。

だから、君自身の中でどちらの思いが強いのかを、はかりにかけて見 なければならない。他者を助けたいという思いなのか、君への否定的な 反応を恐れる気持ちなのか。したくないことで義務づけられることなど ない。することは全て、自分のためにするのだ。君が自由にそうするの であり、我々に借りがあるからとは思わないことだ。

ジュノー: かつては、愛の伝道者は、火刑にされたり磔にされたりした のだよ。でもそんなことは君には起こらない。

誰かが君の言うことで不愉快になるのなら、喜びたまえ。君の言った ことの何かが、その人の内面に触れたということだからだ。
魂と感情が目覚めて抹殺されてしまうのが嫌な、その人のエゴに、火がついたのだよ。

イザヤ: さて、もう二人は家に帰るためにここを去らねばならない。君 も、肉体に宿る者の世界に戻らなければならない。

ジュノーとベスタ: 友よ、また会う日まで。それまで、私たちの愛の全 てをこめて。

そして、皆で溶け合うように抱擁し合って別れたが、それは余りにも 鮮烈な感覚を伴う体験だったので、僕は決して忘れることはないだろう。

イザヤ: では弟よ、また会う時まで。直ぐに再会できて、対話を続けら れるといいのだが。我々の家族に、よろしく伝えてくれたまえ。

どの家族のことでしょうか。
イザヤ: どれだと思うのかね。全人類の家族にだよ。

終わり


作者のあとがき

見返りを求めない無条件の愛の趣旨通り、本書が、全ての人に無私の志で届いてくれることを切に願う。

そのため、内容を変更せず営利を目的にしないという条件で、本書を自由に頒布し、現在利用可能な全てのメディアによって、全体あるいは 一部を随意に複製することをこの場で許可し、その活動を後押しするものとする。

皆の協力によって、輪が広がっていければと思う。霊性や愛のテーマ に関して質問がある場合には、それが個人的なものでも一般的なもので も、遠慮なく聞いてもらえれば嬉しいし、可能な限り返事をしたいと思う。

また、できるだけ多くの人びとにメッセージが行き渡るように、本書を他の言語に訳してくれる、私心のない人たちにも協力をお願いしたい。

本の話を直接聞きたい人の数がある程度まとまって、君の町や村に僕 らに行って欲しいと思う場合には、遠慮なくそう教えて欲しい。君の町 や村が、他の国や別の大陸にあっても構わない。僕らのできる範囲で、 要請に答えたいと思う。

講演会をしても、依頼者側の費用負担は全くない。完全に無私無益の活動なので、旅費や宿泊費も僕らが持つ。誰でも興味のある人が、自由に無料で参加できることが条件だ。

連絡先:
ヴィセント ギリェム・プリモ Vicent Guillem Primo

ウェブページ: http://lasleyesespirituales.blogspot.com

(日本語サイト: http://tamashiinohousoku.blogspot.com.es )

このサイトでは、電子書籍の形態で無料で本をダウンロードしたり、 印刷版を要請したり、講演会の日程を調べることが可能だ。

君に、愛の全てをこめて。また会うときまで。

 
 
  

著者、ヴィセント・ギリェム は、スペイン、バレンシア大学 で化学博士号を取得し、現在 は、がん遺伝子の特定に関する 研究をしている。個人的に自由になる時間を使って、無償でレ イキ治療や全国講演を行うな ど、無私無欲に活動している。

本書は、全世界の人びとに贈る愛のメッセージだ。

メッセージがどのようにしてもたらされたのか、また誰から伝えられたのかということは、重要ではない。問われるのはその内容だろう。

これをどう扱うかは、各人の自由だ。無視しても、批判しても、検証しても、あるいは君自身の人生に適用してもらっても構わないが、君の心に届くように、真心をこめて書いたつもりだ。

君が自分自身を知り、感情を目覚めさせてエゴを解き放つと共に、人生の目的を知り、自分に起きたことや今後起こる出来事を理解するために、役立てて欲しい。希望を持ち続け、他の人びとへの理解を深め、いつかは皆を愛せるように。また、自分が生きる世界を理解し、最も悲惨な状況からも最大の恩恵を引き出し、愛において成長できるように。

つまり、君が本来の自分になれて、自由で、自覚しながら真実の愛・無条 件の愛を体験でき、そしてそれによって、さらに幸せになってくれることを 願う。

全ての愛をこめて。

ご相談は、私のクリニックまで

ご相談は、私のクリニックまで。。。

愛せる母・スピリチュアルクリニック
https://clinic.icerbo.com/

本文下:メルマガ誘導など

//////////////////////////////////////////////////

メルマガ登録はここからどうぞ。
現在、エネルギー治療 を中心とした
スピリチュアル医療について

有意義な情報を整理して発刊準備中です。
がん治療、厚生労働省の難病指定疾患、
などの治療についての情報も提供の
予定です。

まずはご登録お願いいたします。

⇨ メルマガ読者登録 

///////////////////////////////////////////////

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH
私のホームページのご紹介です。
脳神経外科疾患についての啓発サイトがメイン
エネルギー治療・ネットビジネスなどについても
リンクしてあります

⇨ OH脳神経外科学校

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH

お問合せ
???????????????????????????????????????????
エネルギー治療を必要とし興味を持たれた方
そしてご質問はここからどうぞ。
エネルギー治療や脳神経外科疾患についてなど 何でも遠慮なく。
<お問合せ>

    ???????????????????????????????????????????

    フォローする