病室での処置

脳神経外科医師の白石俊隆です

==================

ご訪問ありがとうございます。

生体エネルギー療法と催眠療法を行える日本では貴重な

脳神経外科医師の白石俊隆です。

==================
症例報告など個人情報が含まれる投稿内容については、ご本人もしくはご家族の承諾を頂いております。
また、治療の効果につきましては個人差があり一様ではありませんのでその点はご理解いただきますようお願いいたします。

==================

ある日のこと、病棟で手術の翌日の患者さんの処置で、ドレーンを抜去する処置をしようとし

ておりました。するとうちの看護師さんが、

「すみませんが、今から処置しますので、ご家族の方は部屋の外でお待ち下さい。」

と言いました。

あなたは、どう感じますか?

私は、そこで看護師さんに

『いいんです。ご家族には居てもらってもいいですよ。

よろしかったらおられて見ていて下さい。』

と言いました。

私はこれ、非常に違和感があるんです。昔からそう思ってました。

なんで処置をご家族に見せないんだろ?

なんか見られたら悪いことするんかな?

私はそんな見られたら困ることはしないんだけどな?

家族を追っ払ったら、家族は不審に思わないのだろうか?

いつもそう思っています。

ですから、私はいつも、ご家族が処置の時もしおられたら一言、尋ねることにしてます。

『今から、処置(例えば、傷の交換など)をしますが、見られますか?

もし、見たくなければ外でお待ち下さい。もし、見たいのでしたらここに居て見ていただいて

もいいですよ。』

そう言いますと、怖いから見ない!っていう方と、じゃあ、見せて下さい。と言われる方がお

られます。どちらかというと見せて下さいという方が多いような気がします。

医療って、秘密を作りながらやるものではないと思うのです。

医療側と患者さん側がコミュニケーションを取り合いながら病気をやっつけないと病気にかて

ないですよね。

カマキリ

ご相談は、私のクリニックまで

ご相談は、私のクリニックまで。。。

愛せる母・スピリチュアルクリニック
https://clinic.icerbo.com/

本文下:メルマガ誘導など

//////////////////////////////////////////////////

メルマガ登録はここからどうぞ。
現在、エネルギー治療 を中心とした
スピリチュアル医療について

有意義な情報を整理して発刊準備中です。
がん治療、厚生労働省の難病指定疾患、
などの治療についての情報も提供の
予定です。

まずはご登録お願いいたします。

⇨ メルマガ読者登録 

///////////////////////////////////////////////

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH
私のホームページのご紹介です。
脳神経外科疾患についての啓発サイトがメイン
エネルギー治療・ネットビジネスなどについても
リンクしてあります

⇨ OH脳神経外科学校

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH

お問合せ
???????????????????????????????????????????
エネルギー治療を必要とし興味を持たれた方
そしてご質問はここからどうぞ。
エネルギー治療や脳神経外科疾患についてなど 何でも遠慮なく。
<お問合せ>

???????????????????????????????????????????

フォローする