結エネルギー治療により手術を回避できた腰部脊柱管狭窄症の男性

脳神経外科医師の白石俊隆です

==================

ご訪問ありがとうございます。

生体エネルギー療法と催眠療法を行える日本では貴重な

脳神経外科医師の白石俊隆です。

==================
症例報告など個人情報が含まれる投稿内容については、ご本人もしくはご家族の承諾を頂いております。
また、治療の効果につきましては個人差があり一様ではありませんのでその点はご理解いただきますようお願いいたします。

==================

腰部脊柱管狭窄症は、間歇性跛行(ある程度の距離を歩くと足が痺れたり痛くなったりして立ち止まってしまい、少し休むとまた歩けるようになること)を特徴とします。

症例:71歳、男性

現病歴:3年くらい前から、腰部脊柱管狭窄症と言われており、次第に症状は悪化し、最近では、5分くらい歩くと両下肢にしびれ感が起こるようになりました。

最初は、大腿部の後方に痺れが起こるようになったので、整形外科を受診してMRI撮影して診断が腰部脊柱管狭窄症と診断されたようです。
色々と調べて、脊柱管狭窄症の手術で有名な先生のいる病院を受診しましたが、種々の事情が重なって決まっていた手術は取りやめたそうです。

そして、ある気功師を訪ねて30分ほど施術していただいたところ、症状は70-80%くらいには改善したとのことでした。
その後、必然の出会いだったのか私とある会合で出会うことになり、私の治療を受けてみたいとのご希望で今回私のクリニックに来られたのでした。

痛みがあるわけではないので、少し長い距離を歩かなければひどい痺れや痛みが起こらないのですが、立って足踏みをした時に突っ張った感じがあるのでそれを指標にして、結エネルギー治療の効果を判定していただきました。

治療の様子を私とご本人の音声でお聞きください。

治療前

1セッション後

2セッション後

3セッション後

患者さんご本人の感想

ありがとうございます。

腰の脊柱が伸びたような感覚です。

周りからも姿勢が良くなったとの感覚です。

この状態を続けたいと思います。

先生が天から受けたエネルギーと私の気持ちが合体.同一化して、

病気不都合が改善すると思います。

ビンビンと気を感じました。

治療に有効な方法であると思います。

私の感想

実は、この患者さんはご夫婦で、500kmも離れたご自宅から私のところまで来ていただきました。

3回のセッションで、両脚が軽くなり突っ張った感じが完全に消失して本当に良かったと思います。

こういったケースを経験いたしますと、肉体に起こっている不都合なことは、本当に肉体だけの問題で片付けようとしていいのだろうかと考えてしまいます。つまり、手術すればそれでいいのかということです。

人間は、霊的な側面も持っています。

霊体エネルギーを私は扱うことができるようになってから、これだけ短時間で症状が消えるということを目の当たりにするようになり不思議だなあと感じると同時に、もっとたくさんの患者さんに来ていただき、手術しなければ治らないと言われたことが果たして本当かどうかまずは確認してからでも全く問題はない、遅くはないと思うようになりました。

もちろん、今後もきちんとフォローアップして症状がどうなっていくのかを見守りたいと思っております。

ご相談は、私のクリニックまで

ご相談は、私のクリニックまで。。。

愛せる母・スピリチュアルクリニック
https://clinic.icerbo.com/

本文下:メルマガ誘導など

//////////////////////////////////////////////////

メルマガ登録はここからどうぞ。
現在、エネルギー治療 を中心とした
スピリチュアル医療について

有意義な情報を整理して発刊準備中です。
がん治療、厚生労働省の難病指定疾患、
などの治療についての情報も提供の
予定です。

まずはご登録お願いいたします。

⇨ メルマガ読者登録 

///////////////////////////////////////////////

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH
私のホームページのご紹介です。
脳神経外科疾患についての啓発サイトがメイン
エネルギー治療・ネットビジネスなどについても
リンクしてあります

⇨ OH脳神経外科学校

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH

お問合せ
???????????????????????????????????????????
エネルギー治療を必要とし興味を持たれた方
そしてご質問はここからどうぞ。
エネルギー治療や脳神経外科疾患についてなど 何でも遠慮なく。
<お問合せ>

    ???????????????????????????????????????????

    フォローする

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。