救急当直に思うこと

シェアする

脳神経外科医師の白石俊隆です

===========================

ご訪問ありがとうございます。

エネルギー治療を行える日本で唯一の

脳神経外科医師の白石俊隆です。

脳卒中の後遺症で苦しんでいる方を

ネットビジネスで救済するという 目的を持って、

活動しております。

===========================
症例報告など個人情報が含まれる投稿内容については、ご本人もしくはご家族の承諾を頂いております。
===========================

今日は、病院当直です。救急患者さんが来られます。

個人情報ですので、書けませんね。でも、最近、救急当直していて思うことがあります。

ほんとうに軽症が多い!

ちょっと、擦り傷ができた

ちょっと、頭を打ってコブができた

ちょっと、足ひねって痛い

なんでもかんでもやってきます。

もちろん、心配になって来られる気持ちはよくわかるのですが、私がペーペーの医者になりた

ての救急病院勤務の時は、もっと激しいのがたくさん来ました。

テレビの「家庭の医学」っぽい番組で、病気のことをたくさん放送して一般人を恐怖に陥れる

から? 社会一般に、怪我や病気に対する免疫が無くなった?

私が、小学生のころトタン板で親父が日曜大工していた時のこと。私は誤って、そのトタン板

に右手をついて転倒してしまいました。グサッとトタン板が掌に食い込みました。。。

痛っ!  クソッ!

次の瞬、血がポタ、ポタ

ぱっくり肉が開いた。。。

親父に見せると、「押さえとけ。」で、終わった。

もちろん、創部の簡単な処置は家でしてもらいましたが、病院には行くことはなかった。

特に親の愛情が希薄ではありませんでしたし私もそれで平気でした。

今でも私の右手にはその創があります。

手の創

「マインドパワー」を持ったなら、ちょっとしたことなら家族で処理できるようです。

子供の急な発熱、喉の痛み。打撲の痛み、腫れ。腹痛。

野中先生も書いておられますが、昔おばあちゃんが身体をさすりながら

「痛いの 痛いの 飛んで行け!」

と言ってくれたその愛情は「マインドパワー」「ハンドパワー」だったのかもしれません。

ほんとうに急性期の病がこのパワーですべて解決できるとは、思ってませんが少なくとも、今

の救急患者のうちの何割かは、家族の「愛」があれば、見守ってもいいものであろうと思いま

すね。

すべてを医師、病院に頼ってしまうのは、確実に間違っています。

本文下:メルマガ誘導など

それではまた、お楽しみに。。。

まだまだ、奇跡をご報告できると思います。

応援クリックの方はたとえこのブログの更新がなくとも 

毎日お願いいたしますね。

//////////////////////////////////////////////////

メルマガ登録はここからどうぞ。
現在、エネルギー治療 を中心とした
スピリチュアル医療について

有意義な情報を整理して発刊準備中です。
がん治療、厚生労働省の難病指定疾患、
などの治療についての情報も提供の
予定です。

まずはご登録お願いいたします。

⇨ メルマガ読者登録 

///////////////////////////////////////////////

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後まで、読んでいただきまして、ありがとうございました。
ご訪問、ありがとうございました。

下のボタンよろしく。

お役に立てましたら、
下の2つのボタンをポチっとお願い申し上げます。
ブログランキング応援よろしくお願いいたします。

⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ 押してね!


病院・診療所 ブログランキングへ

⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ ⬇ 押してね!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

??????????????????????????????????????????? 
このパワーを必要とし興味を持たれた方
そして
ご質問はここからどうぞ。 
マインドパワーや脳神経外科疾患についてなど 
何でも遠慮なく。 

お問い合わせ 

?????????????????????????????????????????? 

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH
私のホームページのご紹介です。
脳神経外科疾患についての啓発サイトがメイン
マインドパワーネットビジネスなどについても
リンクしてあります

⇨ OH脳神経外科学校

OHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOHOH

シェアする

フォローする